3月4日に国際シンポジウムが開催されますのでお知らせいたします。
 
日程  2023年3月4日(土) 13:00~17:30
会場  早稲田大学早稲田キャンパス 3号館502教室 (案内図)
     (オンラインでも配信予定)              
テーマ      第1部 「UPCの幕開け」
                 第2部 「手続き上の論点(証拠収集手続き及び専門家の役割)」 
                 *日英同時通訳あり
参加費  無料 
参加要領 オンライン視聴ご希望の方は下記からお申し込みください。
     *2/12以前にお申し込みいただいた方は再登録不要
     *会場参加ご希望の方は、このページ最下段のフォームよりお申し込みください。
     なお、新型コロナウイルス感染症対策として、体調の悪い方や、感染した場合の重症化リスクの高い方は、会場参加ではなくオンライン視聴(お申し込みは「参加要領」をご参照)で参加いただくよう、お願い申し上げます。
主催  早稲田大学知財法制研究所(RCLIP)、名古屋大学大学院法学研究科
共催     明治大学知的財産法政策研究所、日本弁理士会、弁護士知財ネット
後援     特許庁
初め (敬称略)
 
13:00 – 13:10: 開会の辞
 元知財高裁所長・弁護士 飯村敏明
 
13:10 – 15:00
第1部:UPCの幕開け
 
モデレーター:早稲田大学教授 Christoph Rademacher
スピーカー: 
  • UPC控訴裁判所・裁判官 Klaus Grabinski
  • フライブルク大学教授、UPC中央部裁判官 Maximilian Haedicke
  • Baker & McKenzie法律事務所(ドイツ・サンフランシスコ) 弁護士 Alexander Ritter
  • DTS特許法律事務所(ドイツ・メリーランド)欧州・ドイツ弁理士 Christian Wende
  • 阿部・井窪・片山法律事務所 弁理士 加藤 志麻子  
15:30 – 17:30
第2部:手続き上の論点(証拠収集手続き及び専門家の役割)
 
モデレーター: 名古屋大学教授 鈴木將文
スピーカー:
  • Arnold Ruess法律事務所(ドイツ・デュッセルドルフ) 弁護士 Lisa Rieth
  • La Gro Geelkerken法律事務所(オランダ・ハーグ) 弁護士 Marleen van den Horst
  • ヴィルダンゲル法律事務所(ドイツ・デュッセルドルフ) 弁護士 Alexander Wiese
  • 東京地方裁判所 裁判官 國分隆文
  • 阿部・井窪・片山法律事務所 弁護士 服部 誠
パネリスト:
  • UPC控訴裁判所・裁判官 Klaus Grabinski
  • フライブルク大学教授、UPC中央部裁判官 Maximilian Haedicke
17:30
閉会の辞
 RCLIP所長、早稲田大学教授 高林龍
 
概要
 数十年議論と10年以上の準備を経て、新しい欧州単一特許制度が2023年6月1日にスタートし、欧州連合の17カ国平等の統一特許制度が実質的に確立されますこの17カ国には、ドイツ、フランス、オランダ、イタリアなど、欧州特許に関する最大の申立が含まれています。新たに設立される統一特許裁判所(UPC)で審理される1つの裁判で、参加するEU17カ国すべてに対して単一の特許を実施できるようになります。
 

 このシンポジウムでは、UPCの控訴裁判所となるクラウス・グラビンスキー判事を含む第一線の専門家が、新しい裁判決裁の様々な側面に関する見解を述べます。第一部では、グラビンスキー判事と、ドイツ特許法審議であり、UPC判事となるヘディケ教授が中心となり、新裁判所の構造と手続の概要を説明し、既に開示された、あるいは、これから開示される欧州特許を統一特許に変更するするかどうかの選択が、どのような結果をもたらすか等について議論します。また、このパネルでは、侵害に関する実体的な規則についても議論します。

 第二部では、UPCでの訴訟に関連して生じる、より具体的な解決問題の上、例えば、新しい規則の下でどのように証拠収集を行い、収集した証拠を利用するのか、そして、新しい日本の講演者は、欧州の新しい解決と日本の特許訴訟手続きとの比較をし、議論を発展させます。 、第二部ともに、最後にパネルディスカッションと質疑応答を行います。聴講者からの質疑の機会も承認予定です。

 

 会場参加ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。