今回のグローバル特許権行使戦略セミナーは、従来と同様、特許法における2つの重要な問題について検討します。一つは、主に実体的問題、もう一つは、主に手続的な問題です。
 まず、第1部では、新規性・進歩性要件に関する裁判所と特許庁による判断について、最近の動向を議論します。米国特許商標庁の特許審判部(PTAB)のBoalick首席判事、およびペンシルバニア大学のWagner教授から、米国の最近の動きを紹介いただいた後、知的財産高等裁判所の東海林判事、特許庁の古田審判官および東京大学の田村教授から、日本の動向について論じていただきます。
 第2部では、裁判所の主導によるADRに焦点を当てます。米国と日本の裁判所は、訴訟の異なる段階において、当事者に和解による紛争解決を勧めるため、様々な手段を提供しています。まず、デラウェア地方裁判所の下級判事(Magistrate judge)のBurke判事、および米国を代表する特許弁護士の一人であるStone弁護士から、米国裁判所における調停に裁判官または代理人として関与された経験をお話いただきます。続いて、東京地方裁判所の國分判事および元知的財産高等裁判所所長の設樂弁護士から、日本の手続きについてご説明いただきます。最後に、ロンドン・スクール・オブ・エコノミックスのMcDonagh教授から、欧州の統一特許裁判所制度におけるADR関連手続きについて紹介いただきます。
 第1部および第2部では、報告の後、パネルディスカッションの時間を設けます。また、会場に参加いただいた方から、パネリストに対する質問も受け付ける予定です。
 RCLIPでは、今回のセミナーをZoonで同時配信する予定であり、参加希望者は、早稲田大学の会場での参加かオンライン参加を選択可能です。なお、報告者の資料については、従来と異なり、印刷版の配布は予定しておらず、セミナー開始時にオンラインでダウンロード可能とする予定です。

日 時  2023年12月2日(土)13:00~17:30 Poster
会 場  早稲田大学 3号館502教室 & Zoomウェビナー配信     
テーマ    新規性・進歩性/特許ADR

プログラム

13:00 – 13:15 開会の辞

  田村 達久(早稲田大学法学部長)
  Christopher Yoo(ペンシルベニア大学教授)

13:15 – 15:15
第一部  新規性・進歩性に関する喫緊の課題

 [司会]鈴木 將文(早稲田大学教授)

  • Scott Boalick (Chief Judge, USPTO Patent Trial and Appeal Board)
  • Polk Wagner (ペンシルベニア大学教授)
  • 東海林 保(知的財産高等裁判所部統括判事)
  • 古田 敦浩(特許庁)
  • 田村 善之(東京大学教授)

(15:15 – 15:45  休憩)

15:45 – 17:30
第二部   裁判所主導の特許ADR

 [司会]クリストフ・ラーデマッハ(早稲田大学教授)

  • 國分 隆文(東京地方裁判所部統括判事)
  • Christopher Burke (Magistrate Judge, District Court of Delaware)
  • 設樂 隆一(元知的財産高等裁判所所長・弁護士)
  • Eric Stone (US Lawyer)
  • Luke McDonagh (Assistant Professor, LSE)

17:30   閉会の辞

言 語  日英同時通訳
参加費  無料(要登録)※下記参照
 
参加登録会場にてご参加の方は下記よりご登録ください
 
 
 

【Zoomウェビナー登録】オンラインにてご参加の方は下記よりご登録ください

https://list-waseda-jp.zoom.us/webinar/register/WN_Gn4FF7kLR6uNhVSBwaUNYw