早稲田大学知的財産法制研究所(RCLIP)は、 AIと著作権をめぐる日中の動向に関するシンポジウムを開催します。
 中国側からはお二人の専門家が登壇されます。何天翔先生は、2012年8月から2013年7月まで早稲田大学の客員研究員として滞在され、また、謝晴川先生は、早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程で学ばれ、2013年に博士(法学)を取得されました。そのように早稲田大学にご縁のあるお二人は、現在、中国の知的財産法学の第一線で活躍しておられ、特に先端技術と著作権の関係に焦点を当てた研究を進めておられます。
 本シンポジウムは、AIと著作権について、中国の最新情勢を包括的に学ぶとともに、日中の専門家間での意見交換を行う貴重な機会となります。ふるってご参加下さいませ。
 なお、この日の同時通訳は、貸与式レシーバーではなく、Zoomウェビナーを用いて行います。そのため、会場で同時通訳を必要とされる方は、スマホ等Wi-Fi接続可能な機材&イヤホンをご用意いただく必要がありますので、ご注意くださいませ。
 
日 時  2023年12月11日(月)18:00~20:00
 
(会場で同時通訳を利用される方はスマホ・PC等とイヤホンをご用意ください)
テーマ    AIと著作権――日中の最新動向と課題
講演者  

 何 天翔(香港城市大学准教授)
  「中国における生成AIと著作権保護」
 謝 晴川(武漢大学法学部准教授)
  「中国における著作権制限規定の改革――AI技術の対応を中心に」

コメンテータ 
言 語  日中同時通訳(Zoom Webinar使用)
 
【ご注意】会場において同時通訳が必要な方は、Zoomウェビナー登録の上、当日は、スマホ等Wi-Fi接続可能な機材&イヤホンをご用意ください(Free Wi-Fiあり)。
参加費  無料(要登録)
● 対面参加ご希望の方は以下のフォームよりご登録ください。

 
● Zoomウェビナー登録ご希望の方は以下のサイトにてご登録ください。