シンポジウム

医療行為・製薬イノベーションをめぐる法律問題:欧米最新動向

【日時】2010年6月26日 13:00~17:30

【場所】東京医科歯科大学 臨床講堂(地図はこちら)

【開会挨拶】 森田育男(東京医科歯科大学理事(研究担当)・副学長・教授)

第1部:治験をめぐる法律問題

【講師】

Prof. Patricia Kuszler(Director, Health Law Program, Professor of Law University of Washington School of Law)

Prof. Beth Rivin(Director, Global Health & Justice Project University of Washington School of Law)

萩原 正敏 氏(東京医科歯科大学大学院 疾患生命科学研究部 教授)

【司会】 竹中 俊子(Director, CASRIP, Professor of Law, University of Washington School of Law)

第2部:ビルスキー最高裁判決・エリアッドCAFC大法廷判決の比較法的考察: 医療行為発明の特許保護とベンチャービジネスインセンティブ

【講師】

Dr. Andrew Serafini (Fenwick & West LLP, Seattle, U.S.A.)

Dr. Jan Krauss(Boehmert & Boehmert, Munich, Germany)

窪田 良 氏(Acucela Inc. 取締役会長兼CEO)

【司会】 高林 龍(Director, RCLIP, 早稲田大学 教授)

【共催】

早稲田大学知的財産拠点形成研究所(IIIPS Forum)

早稲田大学グローバルCOE 知的財産法制研究センター(RCLIP)

ワシントン大学ロースクールCASRIP 医療法プログラム

国立大学法人東京医科歯科大学知的財産本部

(同時通訳有(日本語・英語))